自毛植毛を行うその前に!まずはクリニックの賢い選び方を知ろう

Flocked hair

自分の毛を使用する自毛植毛って?

髪を触る男性

みなさんは、様々な育毛剤などが数多くあるなかでなにか使っていますか?薬だけではなく、植毛などもあります。このように、最近では様々な育毛剤や植毛などの薄毛対策などがあります。
そんな中で、みなさんは自毛植毛をしっていますか?自毛植毛は名前の通り自分の髪の毛を利用して、薄毛が気になる部分に移植をします。自毛植毛では、人工的なものではなく自分の髪の毛な為、拒絶反応やアレルギー反応だったりを起こす心配がありません。このように、自毛植毛は安心安全な点もあり、若い方や初めて植毛などを行う方には、オススメです。
自毛植毛で移植した髪の毛は、周りの髪の毛と同様に成長していきます。ですので薄毛に対して即効性はありませんが、確実に根本から薄毛を解決することができます。安全な上に確実に解決できるのは嬉しいことだと思います。
自毛植毛は手術費用がお高く付きますが、それ以外にメンテナンスなどがないのでお金が安くすみます。他の植毛法は、メンテナンスやお手入れなどにお金と時間がかかります。自毛植毛では、そのようなメンテナンスなどは必要無いため、結果的に自毛植毛の方が安くすみます。
気になる方は、是非一度自毛植毛を試してみてください。

自毛植毛を行う年齢層とは

一般的に薄毛に悩む年代と言えば30代後半から40代以上だとされていて、実際に自毛植毛を選ぶ方もこの年代の方が大半を占めています。これは加齢とともに頭皮環境が悪化しやすい傾向にある事や、会社でそれなりの責任を負わされる立場になる事が多くストレスを感じやすいと言うのが主な理由になります。
なので、いわゆる中高年の方たちは薄毛に悩みその解決策として植毛を選ぶようになっています。しかし最近ではこの傾向に変化が見られるようになっていて、中高年が大半を占めている事には変わりないのですが若年層が増加しつつあるとされています。
特にストレス社会と呼ばれる現代では10代20代でもストレスを感じやすくなっていて、上手く発散できない事も多くそれが薄毛に繋がっているとされています。そしてそれが植毛を選ぶ原因になり、若年層の割合が高くなる理由をなります。
なお自毛植毛は全体的な毛量が多い方がリスクは軽減されますので、若い方が選ぶ事は理にかなった選択だとされています。
と言うのも自毛植毛は毛量の多い部分から少ない部分へと髪の毛を移植する形になりますので、全体的な毛量が多ければその分自由度は高くなります。したがって、まだ全体的な毛量の多い若い時に植毛する事はメリットが大きいと言えます。

自毛植毛と人工植毛について

植毛とは頭皮に髪の毛を植え付けることで植毛にも自毛植毛と人工植毛の2種類があります。
人工植毛とは、自分自身の毛が生えている部分の毛根を薄い部分に移植することで薄毛の部位を再生させる方法です。メリットは自分の髪の毛を使用しているので拒絶反応が起こりにくく定着率が良いため、定着すれば一生自分の髪の毛が生えてくることになります。メンテナンスも不要で特別に管理する必要がありません。しかし植毛した毛は一度抜け落ちてから生えることになりますので、思い通りの効果を得るまでに時間がかかります。
人工植毛は、人工的に作られた毛髪を頭皮に埋め込む方法です。メリットは人工ですので元々の毛髪が少ない方でも行うことができ、多量の移植が可能なので最初から思い通りの髪型になります。手術時間も短く比較的安価です。しかし人体へ異物を埋め込みますのでいつか必ず抜けます。メンテナンスも必要で、メンテナンス時の費用が高く結果的に高額になることもあります。炎症などのトラブルも起きやすいです。
このように、自毛植毛にも人工植毛にもメリットとデメリットがたくさんあります。時間がかかっても大丈夫な方であればトラブルや安全性の少ない自毛植毛がオススメです。どちらにせよしっかり検討して行うようにしてください。